幸せ時間をしっかりゲット!主婦の時間管理7つの方法

誰よりも早く起きて、食事のしたくや洗濯、お掃除。日中も家事に育児にフル活動。なのに、寝るのは家族の誰よりも遅い時間。
何かに追われるようにセカセカした気持ちを抱える主婦の方は、とても多いのではないでしょうか?今回は、日頃の忙しさから解放され、自分が楽しめ、満足度をアップさせる時間の管理法をお伝えしていきます!今よりももっと幸せ時間が増やせますよ!。

1、自分を大切にする意識、持っていますか?

今よりも時間が欲しいなら、まずは、「自分の時間を確保して、自分を大切にする」意識をハッキリとさせましょう。どうしても家庭優先になりがちですが、自分自身を大切に考えることができると、自己満足感が生まれてきます。結果、気持ちに余裕ができ、周りにも優しくできます。

逆に、自分をないがしろにしてしまうと、
「私ばっかりなんでこんなに忙しいの」
「私がこんなにしてあげているのに…」
のように、犠牲者意識が湧いてきてしまい、その意識に常に支配されてしまうようになります。家族が、少しでものんびりしているのを見ると許せなくなるのは、ここに原因があります。

これは自分にとっても、周りにとっても、幸せな状態ではありませんよね。まずは『大切に考えていいんだ!!』ということを再確認しましょう。自分に優しくできなければ、他人には優しくできないですからね・・(笑)。自分を大切にすること。大切に考えていいんだと思うことは、とても重要なことなんです。

 

それができたら、次に時間の使い方を変えることを考えてみましょう。しっかりと時間を見直して、たくさんのことをテキパキこなすのではなく、何をして何をしないか、時短するか、など少しずつ整理していきましょう。
せっかく手にした自分の時間も、せわしなく過ぎてしまったら悲しすぎますよね。心からリラックスできる10分と、何をしたかよくわからない30分なら、心からリラックスできる10分の方が、より時間の価値を高く感じます。幸せ感もましますね。

ですので、どのように過ごす時間がほしいのか、理由や使い方を明確にして、「なんとなく」過ごしてしまう時間を少なくしていきましょう。具体的な時間管理法では、家事の時短法や手帳やアプリ活用などをお伝えしていきます。ポイントは「ストレスなく続けていける」方法を取り入れることです。

日々家庭でがんばっている主婦のあなたが満たされていること、とても大切なことです。「自分のことはガマン!」とあとまわしにせず、しっかり一人時間をゲットして、幸せ感を満喫してくださいね。

 

 

2、自分にムリなく続けられることを最優先 時間が欲しい理由をはっきりさせよう!

忙しい毎日の中から時間を作るには、たくさんのやるべきことを、今以上にテキパキとこなす必要はありません!まずは、時間の使い方の見直し、整理整とんが必要です。そして、何をして時間を過ごしたいのか、その動機や理由をはっきりさせましょう。なぜなら主婦は忙しいため、「時間はほしいけど、何かしたい」など、理由がイマイチ弱いと、いざという時に「まぁ、いいか」「しょうがない」と優先順位が変わりがちだからです。

いったい自分は何をする時間が欲しいのか、はっきりさせる。そして、「〇〇のために時間を確保する!」と決めたら、自分との約束と思って、しっかりと守ってあげるようにしましょう。自分への満足度がグンと上がります。最初は疲れを取りたい、自分を満たしてあげたい!でも十分です。

自分に満足すると、もっとその先
・読書したい
・勉強を始めたい
・何かあたらしいことを始めたい!
が、わきあがってくることもあります。

もしも、何をして過ごしたいかはっきりしているなら、もう一歩踏み込みこんで、その時間を使って「達成したいゴール」がはっきり描ければ、なお良いと思います。あなた自身のゴールが見えていると、今何をして時間を使うかが明確になります。ゴールを目指してしっかり、時間管理していきましょう。

 

2-1 時間短縮の注意点!短縮の対象から外した方が良い時間

短縮できない時間には2つあります。2つに共通しているのは、短縮しようとすると「イライラが増してしまうこと」です。

 

【ポイント1】 いつも急いでやっているけど、本当はていねいにやりたいこと。

もしもあるなら、いつもよりていねいに集中してやってみましょう。
もし、それで心に満足感や達成感を感じるなら「ながら行動」をきっぱりやめましょう。

同じ時間でも、効率化せずていねいに過ごすほうが、時間をゆっくりに感じることがあります。ていねいに過ごすことで、時間の質を高めてくれます。

 

【ポイント2】 教育や育児など人とじっくり向き合う時間は、効率化できない、しない。

・家族、子どもと話する時間、悩みを聞く時間
・家族が病気になってしまった時の時間 など

特に、自分以外の他人はなかなか管理できないものです。思うようにいかないものに目がいってしまうと、イライラの元になるので注意しましょう。

以上の2つのポイントに関しては、心の満足度に合わせて、短縮できない時間へシフトしましょう。

 

2-2 やらなくてもよいことを決めよう!

「何かに追われセカセカした気持ちをなくしたい」
もしもこんなことを思っているなら、一度、抱えているものをおろしてみましょう。重い荷物を抱えたまま自転車に乗ると、ペダルが重くて進まないように…、キャパシティオーバーになったままがんばり続けると、心が悲鳴を上げます。できない自分をさらに追い込んで、どんどん気持ちが重くなってしまいます。

 

一方で、楽しい時間はあっという間、イヤな時間は長く感じるなど、過ごす時間は心理状態に影響するといわれています。楽しい!とまではいかなくても、「ラクに動けるようにしてあげる」方が、効率もグンと上がるんです。

 

では、その「やらなくていいこと」を、見極めるためのポイントを2つご紹介します。

★振り返りポイント1

あなたが過ごしている時間どのくらいかかっていますか?習慣になっているとなかなか気づくことが出来ません。

・手帳にじっさいにかかった時間を記録してみましょう。
または、
・ふせん1枚を1時間としてやったことを記録する(24枚にその日したことが記載されます)

「意外に時間がかかっているなぁ」と思うことはありますか?もしもあるなら、なぜ想定よりも多くかかっているのか、原因を見直ししてみましょう。

 

★振り返りポイント2

「やらなきゃいけないと思っているんだけど…」
思いながらも、ずっと手をつけていないことはありませんか?

もしあるなら、「それって本当に必要なことなのか」、「やらなくてもいい?」ことかを見極めましょう!「あっ。忘れていた」という事の中に、案外、やらなくてもいいことも混ざっているかも知れません。

後々になって、やらずに後悔したことなら、次回から行動するように切り替えればいいだけです。心の片すみに残り続けることで、やらない自分にダメ出しをしたり、気がかりになるようなら、「1日3~5分だけする」と決めても良いでしょう。

 

2-3 管理する「もの」を少なくする

心理的に、広くて明るい空間は、時間がゆったりと感じ、せまくて暗い時間は、早く過ぎるように感じる、と言われています。同じ時間なら、ゆったりと流れる方が落ち着いてすごすことができますよね。そして、モノを持つには、小さくても意外に次のような時間が取られているものです。

・買った時の保証書・説明書を管理する時間
・モノを出し入れする時間
・しまうスペースを作る時間
・掃除やメンテナンスをする時間
・部品や消耗品を買う時間など…

一つひとつは細かな時間かも知れませんが、モノの数だけ同じく時間をとられるということです。管理するモノは少なくしていきましょう。

 

 

2-4 やることを自動化!習慣の作り方

人は、習慣になると、意識せず無理なく行動できますが、私たちは変化が嫌いなんです。それは、新しく動きだそうとするときに、「一番エネルギーを使ってしまうから」。でも、何かを始める、チャレンジすることはとても大切なことです。

ですので、意識せず行動したいことは、習慣化させてしまいましょう!コツは、

・生活のペースに合うムリのない時間に行うこと
・身につけたい習慣を1つだけ、20日から1ヶ月続ける
・なるべく、同じ場所、同じ時間にするようにする

ハミガキを手にしたらハミガキしてしまうように、気づいたらできていた!が理想です。うまく取り入れていきましょうね。

 

3、主婦の時間管理法-具体的な7つの方法とは?

では、ここからは時間管理についての、具体的な7つの方法をご紹介していきましょう。

 

① やらなければいけないことを書き出して、具体的に期限を決める。

1ヶ月の間にやらなければいけないことを、左側の縦に書き出してみましょう。右横には、いつまでにやるか、期限を書きます。

・1ヶ月
・1週間
・1日(何日まで)

もしも、やることが大きい場合は1日単位、週単位に細かくしてから、期限を決めていきましょう。グッとやりやすくなります。そのあと、カレンダーや手帳などに書き込んでいきます。ポイントは、「ぎゅうぎゅうに詰め込まない」こと。1週間の中でも、予定を入れない曜日、時間など、予備を設定しておきましょう。

または、
子どもが病気になった専用スケジュール・・・など
自分が動きやすいようにアレンジした予定パターンがあると、心の余裕になります。

もしも、ここで決めても「いつまでたっても後回しにし続ける予定」がある場合は、もしかしたら「やらなくてもいいこと」かも知れません。やっていなくて、後々困るかどうかで、やらない選択をするか判断しましょう。

 

② ついで家事

何か用を足したついでに家事をします。改めて時間をとらなくて良いので気づいた時にすぐにやるのがポイントです。

・トイレに行ったら1つ掃除をする
・お風呂に入った時に、気になる汚れを3つ落とす
・炊飯器でご飯を炊く時にアルミホイルにくるんでゆでる・・・など。

 

③ ネットを使う

最近ではネットスーパーの内容が充実しています。パソコンだけではなく、スマホから購入が可能です。各ネットスーパーによって条件は違いますが、

・数万点という商品から選べる
・魚を下ろして配達してくれる
・注文後数時間で配達してくれる
・一定金額以上で配達料がタダ

などのサービスもあります。買うものがはっきり決まっている、点数が多い場合は、活用を考えてみましょう。

 

④ 時短家電を使う

たとえば、食器を手洗いし、布ふきすると1回15~30分はかかります。
平均すると、1日1時間ほどかかっている家事をやらずに済む、食器洗い乾燥機は、とても時短効果が高いです。その他、

・お掃除ロボット
・床ふきロボット
・衣類乾燥機など

もあります。購入費と時間のバランスを見ながら、頼れるところは頼ってしまいましょう。

 

⑤ 人に頼れる家事はありませんか?

仲が良かったり、境遇が似通ったりしているママ友、家族にお願い出来ることはありませんか?お願いするばかりでは、関係がこじれてしまうので、こちらがお願いする時は、あちらのお願いも引き受けるなどは必要ですが、心の負担がない程度にやり取りできる関係を築いておくのは良いと思います。

また、子どもの成長に合わせて、お手伝いを通して家事を教えるなどもひとつです。頼ることは悪いことではありません。頼まれた相手にとっては、経験のひとつになります。もしも、思いあたる人がいたら、一度検討してみましょう。

 

★代行サービス(家事―掃除・料理)
こちらも各社によってサービスに違いはありますが、スマホから1分で登録完了できたり数時間前の予約でもOKだったり、サービスが広がっているようです。事前に代行サービスをお願いできる人を指名できるプランを持つサービスもあります。

・お料理代行
料理のリクエストをすれば、その通りの料理を作ってくれます。交通費・食材費は別途請求があります。

・お掃除代行
キッチン、トイレ、お風呂などの水回りから、リビング、廊下の掃除、片付けまで…エアコンやガスフードレンジは対象外となることがあるようです)日常的なお掃除を代行してくれます。
定期利用もあるようです。

サービスを利用の際は、出張区域内かどうかを確認するように注意しましょう。

 

⑥ 手帳活用

手帳に書いて自分のモチベーションにするのも一つです。その日のプチゴールを決めたり、その日の実際の行動を書いて振り返ってみましょう。

・理想の1日のスケジュールと実際の行動記録を並べて書く
・完了したら〇をつけて達成感を味わう
・予定通り行動してコンプリートしたら自分へのごほうび など

 

⑦ スマホアプリ活用

時間管理できるスマホアプリがあります。デジタルで客観視したい、手帳などの管理が合わないなら、アプリ導入をオススメします。

・自分の時間を客観的に見える化できる
・表やグラフ機能があるアプリもある
・タイムリミットをデジタル管理できる

 

4、なんだか気分が乗らない・・・そんな時は

一生懸命に時間をやりくりして、頑張ろうと思っていても、どうしてもやる気が出ないこと、ありませんか?そんな時は、もう思い切って、手放してしまいましょう。やるかやらないかは取り合えず横に置いておいて、気持ちだけでいいので、『今はもうやらない。やらなくても大丈夫!ちょっと休憩します!』って自分に宣言してみてください。

もちろん、やらないといけないことは現実には残ってはいるのですが、『自分の気持ちを自分でちゃんと受け取ってあげる』。これをすることで、気持ちが全然違ってきます。休みたいのにやらないといけない、って状況は、ブレーキを踏みながらアクセルを踏み続けているのと同じ状態。これでは苦しくて・苦しくて、何をやるにも時間とエネルギーがかかってしまいます。

なので、『今は休みたいの!』という、自分の正直な気持ちをいったん受け取ってあげましょう。これを挟むだけで、心が少し楽になります。心が楽になったら、自然とやる気も出てきますので、結果的には効率よく時間を使えることになります。嫌という気持ちに蓋をすることなく、あなた自身でしっかり受け取ってあげること。これも自分を大切にする一つの方法です。

 

また、動きづらい時のプチ対策として、こんなことをやってみてはいかがでしょうか?

・いつもよりちょっとだけ、贅沢な気分を味わってみる。
・おもわずテンションが上がってしまう、お気に入りの音楽で気分転換する。
・外の空気を少しだけ吸ってみる。
・5分だけ3分だけ1つだけと小さく小さくしてやってみる。
・心の中で考えていること、思っていることをなんでも紙に書いて破ってしまう

「気分がのらない」時は、心がいっぱいいっぱいになっていたり、他の心配ごとが重なったりしているものです。自分自身にダメ出しをしないようにして、うまく付き合ってあげましょう。

また、心がいっぱいいっぱいの時は、なかなか前向きなことが考えられなかったりします。なので、あらかじめ自分が楽しくなったり、元気になる方法をいくつか考えて、紙に書いておくと良いです。プチ落ち込んだ時は是非それを眺めて、できそうなことをやってみてくださいね。

 

4、まとめ

いかがでしたか?
時間を作ってどんなことをしたいか、動機や理由がはっきりしていればいるほど、好きなように過ごせるので満足度を上げられます。小さくてもよいので、あなた自身の心の声にしっかり耳を傾けて、少しでも満足度アップのときを過ごすようにしましょう。

できれば、叶えたいゴールがある方が、今やること、やらなくていいことがはっきりします。もしも、余裕が出てきたら、あなた自身のゴールを決めて、充実の時間をゲットしてくださいね。
主婦のあなたが笑顔でいると、家族のしあわせ度があがるという統計もあります。みんなを幸せにするためにも、まずは主婦のあなたが幸せをたくさんたくさん感じてくださいね。時間管理で幸せ度アップ。ラクにゆるマイペースでいきましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です