主婦が損をしないための理想的な働き方とは?

家事や育児に奮闘する主婦にとって「時間」はとても大切なもの。「なるべく損しないように効率的に収入を稼ぎたい」と思われると思います。そんな主婦の方は、どんな基準で働き方を選んだらよいのでしょうか。主婦の働き方をご紹介します。

2018年1月から配偶者控除・配偶者特別控除制度が改正され、施行されました。

今までの配偶者特別控除103万円の壁から150万円の壁に変わり、収入アップを検討する方も多いと思います。世帯の合計所得によって、控除金額が変わることから、損しないラインは、世帯収入によって変わってきます。それは、税金控除の壁だけではなく、世帯主の企業が設けている「家族手当の支給基準」や社会保険の壁などもあるからです。

この記事では、各種税金の壁や社会保障の壁などから、主婦の損をしない働き方についてまとめていきます。
 

1、主婦が損しない働き方…チェックしたい項目はコレ!!

主婦がパートなどで働く時に、「働き過ぎて税金が多くひかれ、手取りが少なくなってしまった…」という事態は避けたいもの。

避けるためには、下記の項目をチェックしてみましょう。
 

1-1、配偶者控除「年収103万円」の壁と配偶者特別控除「年収150万円と201万円」の壁

世帯主の収入から控除される、配偶者特別控除は2018年1月の改正で、控除の対象が広くなりました。
代わりに、配偶者控除に所得制限がついています。
世帯主の収入(所得)を確認し、380,000円の控除を受けられる範囲が、損をしないで働くことのできるラインです。


https://www.nta.go.jp/users/gensen/haigusya/index.htm
国税庁ホームページより引用

 

1-2、世帯主の会社の規定を確認…家族手当の支給基準

配偶者控除・配偶者特別控除で、税額の控除が最大限受けられる年収額がわかったら、今度は、世帯主の会社規定「家族手当の支給基準」を確認しましょう。

税金で、主婦の収入が増額できても、家族手当の範囲を超え「支給対象外」になってしまうと損してしまいます。損をしないように働くには、「世帯収入のアップ」が一つの目安になると思います。

家族手当の支給範囲を超えても、収入アップをする必要があるかどうか検討します。

 

1-3、社会保険「年収106万円と130万円」の壁

次にチェックするのは、社会保険の壁です。注意したいのは、「社会保険の壁には年収に通勤費が含まれる点」です。遠距離から通う都合のある方や検討をしている方は、注意しましょう。

また、社会保険に加入する必要があるかどうか、壁の適用は、主婦側の勤務先の条件によっても変わってきます。
 
 
・週20時間以上の労働時間
・月収88,000円以上(年収106万円以上)
・雇用期間が1年以上になる
・社会保険加入従業員が501名以上の企業
 
 
この条件で働くなら、妻自身で社会保険に加入しなければなりません。

社会保険料がどのくらいかかるのか、目安を知りたい方はこちらのサイトが参考になります。
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat330/sb3150/h30/h30ryougakuhyou4gatukara
社会保険料が引かれる場合、もっと収入アップを考えた方が良いかどうかの検討材料になります。

また、社会保険料の被保険者となり、自ら保険料がかかることに抵抗を覚えるかもしれませんが、長期的に見た場合、メリットになることもあります。
 
 
・将来もらえる年金額が増える
・遺族年金・障害年金、健康を損ねて働けない場合の傷病手当金が出る
・支払った社会保険料を、確定申告の際、社会保険料控除として所得控除をすることができる(年末調整後の戻りが出ることがある)
 
 
このようなメリットがあるので、今現在収入アップが見込めなくても、扶養に入らない方が手厚い保障を受けることができます。
 

1-4、住民税「年収100万円」の壁と所得税「年収103万円」の壁

住民税は地方税で、各自治体に納付します。自治体によっては年収98万円の壁と定めているところもあります。東京都や多くの自治体では、前年の合計所得金額が35万円以下なら非課税としています。

年収が101万円になると、給与所得控除の65万円を引いても、所得金額36万円となり、各自治体の定める規定の住民税の支払い義務が生じます。

また、年収が103万円を超えると所得税が発生します。パート収入などで年収が130万円以内なら、自分自身で所得税を支払わなくて済み、同時に夫などの世帯主の所得税(配偶者控除・配偶者特別控除)も負担がかからないラインということです。

このように、控除のラインや勤務条件、世帯収入などを考え、検討することが大切です。
 

2、主婦の働き方の結論は「無理のない範囲で」

もし、「働くのを増やしても、実入りが少ないのは困る」ということであれば、世帯全体の収入や他の壁との兼ね合いを見て「103万円の壁」もしくは住民税もかからない、「年収100万円の壁」を適用しましょう。

特に、小さいお子さんがいる家庭は、主婦の家事や育児負担がとても大きいと思います。その場合も、まずは一番世帯収入が見込める年収ラインで働き、家事や育児の時間を多くとります。もし、周囲の協力が得られる状況なら、家事や育児の負担を軽減して、年収のラインを上げていきましょう。

現在は主婦の「ワンオペ家事」「ワンオペ育児」などが問題になっています。最初の段階で、「自分がガマンすればいい」と安易に考えて決めないことが大切です。
 

3、主婦にも増えてきた、出勤以外に収入アップをする方法

パートなど、外で働くことが難しいなら、在宅で稼ぐ方法もあります。在宅ワークは、通勤に時間がかかることもありませんし、子どもの急な体調不良などにもついていてあげることができるなど、柔軟な働き方が可能です。
 
 
・アフィリエイト 
自分のブログなどのサイトに、企業の商品やサービスの広告を貼り、宣伝や販売につなげる方法です。

・メルカリ
自分が来ていた洋服や使わなくなった生活小物などを販売します。

・クラウドソーシング
「クラウドワークス」「ランサーズ」などがあります。ネットを通じて発注された業務をこなし、納品して報酬を得ます。主婦の在宅ワークとしておなじみです。

もっと世帯収入が欲しいけれど、出勤しづらい事情がある方は「投資」で収入を得る方法もあります。

・投資
リスク(資金が元金よりも少なくなること)とリターン(元金よりも増えること)のバランスにより、収入を得る方法です。投資には色々な種類があります。

主な種類は…債券、株式、不動産、金、FX、仮想通貨、などがあります。

目先の収入よりは、老後や将来の資産形成できるものとして広く知られています。
ただし、ハイリスクハイリターン商品もあります。勉強などを重ね、リスクも納得の上でやるようにしましょう。

ハイリスクハイリターン商品は、お金をなくす可能性も高いけれど、その分見返りも大きく期待できます。自分の資金量と取れるリスクを十分考えて行いましょう。
 
 
【金融商品として、手軽に始められるFX】
海外の通貨を売買し為替の変動で利益を得る方法です。「外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)」といいます。


旅行しようと思い1ドルを100円で両替した
帰国時、1ドルが102円に!→1ドルあたり2円が利益になった
 
 
≪メリット≫
・株のように大きな資金がなくても始められる
・はじめからは難しいけれど、勝てる仕組みを作れば収入になりえる
 
 
≪デメリット≫
・自分に合う取引のルールが見つかるまで負け越す可能性がある。
・ギャンブルと勘違いされ、周囲の理解がえられず孤立する可能性も…
 
 
しくみを作ることで、不労所得のような収入を作ることができます。また、他の投資に比べて、少ない金額から投資を始められます。複利によって元金そのものが増えていくので、利子がとても大きくなります。

ただし、FXは金融投資の中では、「ハイリスクハイリターン」のジャンルに入ります。勉強などもある程度、必要となるので「短期的な儲け」を求めて、始めないようにしてください。
 

まとめ

主婦が損なく稼ぐためには、「税金の壁」だけではなく、他の壁のメリットデメリットも考えた上で選ぶと良いです。また「働く」こと以外にも収入を得る方法もありますので、参考にして、ぜひ検討してみてください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です