専業主婦?それとも仕事をした方が良い?主婦が仕事に出る前に準備しておきたいこととは?

世帯主の給料面に不安が少なく、また専業主婦でも税制が優遇されたり、(配偶者特別控除)、妻自身が働いていなくとも年金が受給できたり、制度が整っている背景もあった以前の日本は、世界的に見ても専業主婦の割合が多い国と言われていました。

このような背景で過ごしてきたことから、結婚や出産の後の子育てや家事は、「女性がするべき」という価値観が未だに私たちの中に残っています。

いざ、働きにでようと思っていても、子どもの預け先や家事分担などを考えると「子どもや家庭を、他人に任せてまで、働きたい?」と疑問を感じ、悩む主婦の方も多いです。

そこで今回は、主婦が仕事をする上で気をつけたいポイントなどをまとめました。家事も育児もすべてを抱え込まないようにしていきましょう。
 
 

1、専業主婦?それとも仕事をした方がいい?それぞれのメリットデメリットを検証


 
 
引用:厚生労働省(資料出所:1980~200年は総務省「労働力調査特別調査」、2002年以降は総務省「労働力調査(詳細集計)(年平均)」を基に作成。)

私たちが暮らす日本では、現在「共働き世帯」が増加傾向にあります。これは、以前の日本にあったような、専業主婦でいることのメリットが少ない傾向にあるからです。

これは、女性が出産を終えてからも働く選択ができるようになったことや、勤務を続けやすい職場や制度ができてきたことがあげられます。

このように、時代の流れとともに主婦の仕事も大きく変わってきました。この先も、国が決定する制度改正もあり、専業主婦でいることの税制優遇が少なくなることが予想されています。

ただし、出産後も正社員で働く女性の割合は、ここ30年で大きく変わっていないデータもあります。主婦にとって、子育てと仕事の両立の難しさは変わらないようです。
 
 

 

(注) 
1、結婚前、妊娠時(第一子)に就業していた妻に占める結婚後・出産後に就業を継続していた妻の割合。
2、( )内は育児休業制度を利用して就業を継続した割合。

資料)社会保障・人口問題研究所「出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)(夫婦調査)」より国土交通省作成
データ引用元 http://www.mlit.go.jp/hakusyo/mlit/h24/hakusho/h25/html/n1213000.html
 
 

そのため、主婦が仕事を希望するなら、社会の動きや、将来家庭に起きるライフイベントをみすえた上で、検討していきましょう。
 
 

1-1、専業主婦のメリット

・子どもの成長をじっくり見届けることができる
・家事にじっくり取り組める、家族旅行に行けるなど、時間的余裕ができやすい。
・親の介護が必要になった場合など、ライフイベントにじっくり向き合うことができる
 
 

1-2、専業主婦のリスク

・働き続けている主婦よりも、スキルが下がる可能性がある
・仕事を辞めてから間があき過ぎると、再就職に不利になる
・家庭において収入を得る先が一つの場合、稼ぎ手の不慮の事態で収入が見込めなくなる

稼ぎ手である夫が、
・不慮の病気やけがにあう
・働いている企業の倒産や買収で、労働条件や収入が変わる
など、思わぬ事態が起きる可能性もあります。
 
 

1-3、主婦が仕事をした場合のメリット

・収入が増えることで金銭面の余裕ができ、節約ばかりしなくても良くなる
・子どもの将来のために良い教育を受けさせることができる
・仕事のスキル全般を高めることができる
・妻側の将来受け取れる年金がアップする
・税金対策の知識が増える
・社会とのつながりができ、コミュニケーション能力アップに繋がる
・大人になってからはできにくい、友達ができる

専業主婦を経て仕事に就くと、それまで多くの時間をともにした子どもとの距離が離れることで、改めてその大切さに気付かされることもあります。
 
 

1-4、主婦が仕事をした場合のデメリット

・時間に自由が効かない
・子どもの急な病気で会社を休まなければいけなくなる
・子どもの預け先を見つけるのに苦労する
・子どもの預け先が見つからない(※自治体による)
・子どもの預け先と勤務が決まるタイミングが合わず、苦労することがある(※自治体による)
・夫が家事全般苦手な場合は、妻にその負担が来やすい
 
 

2、主婦が仕事を探すまでに決めておきたい2つの準備とは

主婦が仕事を探す時には、準備をしっかり行うようにしましょう。仕事に育児に忙しい時に決めようと思ってもあいまいに判断してしまいます。準備をしっかりして、後で迷うことのないようにしましょう。
 
 

2-1、外で働くばかりが仕事ではない!家で働くか、外で働くかを決める

主婦向の仕事は、外に働きに出る仕事ばかりではありません。現在では、家でできる仕事も充実しています。もし、育児などで家庭に心配が多い場合は、家でもできる仕事から始めてみるのも1つの方法です。

ただし、家でできる内職で38万円以上の収入が出る場合は、税金上、扶養とみなされない可能性があり、さらに確定申告が別途必要になります。
 
 
主婦の色々な稼ぎ方を知りたい方はコチラ
http://yurumypace.com/2018/02/15/housewife-money-how-to-earn-3/ 
 
 
特に、外に仕事に出るなら、保育料が安くなる4歳以降がオススメです。4歳未満に世帯年収が高いと、年収から割り出される住民税が上がり、それに伴って保育料も高くなります。

各自治体により保育料のバラツキがありますが、最大では5倍とも言われています。仕事に出る前の準備として確認してみましょう。
 
 

2-2、やらないことや、家事や育児の分担を決めておく

主婦が仕事につくと、時間的余裕がなくなってしまいます。
 
準備として、
・やらないこと、やめること(家事、育児、学校行事、習い事など)
・家事や育児をお願いできる先を決めておく
ようにしましょう。
 
時間に追われると、ストレスによる身体の不調も出てしまいがちです。安易に「なんとかできるだろう」と思わないようして、予定は少なめに、仕事の前後にも時間の余裕を作りましょう。

家事、学校行事、育児、習い事など区分を分け、どこまでやるか、やらないかの最低ラインを決めていきます。余裕がないなら「やらない」と決め、家族にもはっきり伝えておきましょう。もし、家族や友人など頼ることが難しい場合は、家事代行や育児のアウトソーシングができるかどうか、金額的に見合うかどうかも検討しておきます。

大切なのは、「何かあった時に、頼れる方法」を用意しておくことです。

外国では、ベビーシッターやナニー(Nanny;在宅や訪問をし、ベビーシッターと家庭教師をするイギリスが発祥の職業)などもあります。日本でも徐々に市場が拡がっており、家事代行や家政婦は、シルバー世代が派遣され、活躍しているところもあります。

家族とも話し合って十分に検討し、仕事を探す時の条件に加えましょう。

 
 

3、主婦パートの理想は週3日勤務…理想と現実は?

週に3日の仕事は、子どもが小さい主婦にとって、仕事と育児の距離感が適切なため、一番求められている勤務形態です。

パートアルバイトで週3日勤務の求人の特徴は、
・コンビニやスーパーなどの販売店の裏方業務、施設の受付スタッフなどなど職種が限られる
・早朝などの時間帯がある
・事務職の求人はほとんどない
・主婦やシニア層の定職に積極的な職場が多い
・任させる仕事内容に単調なものが多く、働く側のやりがいが感じにくい

などの特徴があります。勤務条件を柔軟にしている求人を出しているなら、担当の方に相談してみるのも良いです。

ただし、求人する側は、本音では週3日以上を望んでいることが多くあります。勤務時間が多いほど、仕事に早く慣れるので早くに戦力として期待できます。また、教える企業側の負担が軽減されることも理由の一つです。

現実的には、週3日の約束で働き始めても、シフトの調整がうまくいかず、週4日勤務をお願いされるケースもあります。

実際に週3日勤務をしてみると、思ったような収入に繋がらず、勤務時間をどのタイミングで増やすか、悩みの種にもなるようです。
 
 

4、今、仕事するのは難しい…?
育児や家事をしながらでも、しておいた方がいいことは?

4-1、主婦の仕事は目標が大切!

子どもの進学や塾など教育面で必要になる費用に充てる!
マイホーム購入の足しにしたいから目標額を設定する!
家族でいきたい旅行の費用に充てる!
 
など、仕事をする上の目標をしっかりさせるようにしましょう。頑張って働いたお金も、「なんとなく」使うのではもったいありません。目標がしっかりしていると、仕事上の悩みが出てきても、それを天秤にかけて判断することができ、とるべき行動に迷わなくなります。

特に、子どもが中学高校と私立に行く場合は、夫の収入によっては、妻がフルタイムで働くことを計画していた方が良い場合もあります。中学、高校とも私立に通った場合に必要なる学費は500万円以上とも言われています。高額な資金も、将来をしっかり見据えておくと準備に余裕が生まれます。
 
 

4-2、働きたい分野の情報をしいれてみる

今後働きたい分野があれば、情報をしいれておくのもおすすめです。
外部サイト 会社の評判 https://en-hyouban.com/
実際に働いた方の声も掲載されています。企業の特徴を見極める参考にしてください。
 
 

4-3、スキルを磨いておく、資格取得を検討する

やりたい職種や分野があるなら、スキルを磨いておきましょう。一般的には、パソコンを使うことができた方が仕事の幅が広がります。また、医療事務や、介護資格なども人気です。

薬剤師や栄養士など、規定や規約などが変わり、定期的に勉強が必要なスキルもあります。自分のスキルを棚卸して、好きな分野や興味のある分野、補っておきたいスキルなど、自らしっかり考えておきましょう。
 
 

4-4、自分磨きをしておく

もし自分が誰かに家事や育児を頼むとしたら、どんな人にお願いしたいと思うでしょうか?
どの職場も、「いい人」に来て欲しいと思っているものです。
 
・明るく、笑顔がステキ
・はきはきしている
・寡黙でもいいから、まじめにコツコツやる人
 
などです。

自分の持ち味である長所を磨いておくと、いざ、仕事を始める時のとなった場合の武器になります。

良い仕事は競争率も高い傾向があるので、魅力的な履歴書を書けた方が書類審査で差をつけられます。履歴書や面接の時に、自分をどう表現していいかと迷わないよう、アピールできるように準備しましょう。特に鏡に向かって笑顔を作る練習をすると、無条件に幸せホルモンが分泌されます。朝の洗顔後や夜寝る前など、習慣にして、ぜひ取り入れてみてください!
 
 

4-5、お金の勉強をする

必ずしも、仕事をするばかりがお金を得ることではありません。資産運用や投資などをうまく利用して、お金を長期的に増やしていく視点も必要です。

また、お金の考え方や価値観に偏りがあると、お金を追いかけるあまり自分を追い込み、働きづめになるなど、人生そのものを楽しむことを忘れてしまいます。

投資と聞くと、怖いイメージがあるかも知れませんが、コツコツと少しずつすればリスクが少なく資産運用ができるものも多くあります。視点を広くもって情報に触れるようにしましょう。
 
 
■FX(Foreign Exchange)は、外国為替証拠金取引のことです。
外国の通貨、2国間の通貨を売買し、差額で利益を得る取引方法です。ギャンブルのように思われるFXですが、勝ち急いだり、自分を見失って巨額を投じたりしなければ、ギャンブル要素はありません。そのため、やり方さえつかめば、働くことがなくお金を得ることができます。

こちらでは、FXを通してお金の概念を知る方法を解説しています。
http://yurumypace.com/2017/11/10/fx-money-way-of-life/

こちらでは、FXについて知っていて欲しいことをまとめました。
http://yurumypace.com/2018/02/19/moneylost/
 
 

まとめ

最近では、会社の仕事もお家でできるような「テレワーク」という働き方も出てきました。ITを活用し、会社以外の場所で働くことを認める制度ですが、残念ながらまだごく一部の大手企業が導入するにとどまっています。

自分の家庭と周りの状況などを考慮しながら、やることとやらないことの線引きをしっかりし、仕事をすることで母や妻の顔にとどまらず、「あなた自身の人生」を大切にしていきましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です