時間もお金もムダにしない!主婦がパートに出る時に準備しておきたい5選

働くことは、主婦自身にとっても、とても大切な社会活動です。働くことで育つスキルや特技が見つかることもあります。

ただし、家事や育児に忙しい主婦ですから、パートを始めるにあたり、「金額も時間も損しないように」働くことも大切です。

家庭と仕事のバランスを取りやすくするため、パートに出る前の準備は検討しておきましょう。5つのポイントをまとめたので、ぜひ万全な準備に役立ててください。
 

1.主婦のパート5つの準備項目

1-1、主婦は忙しい…。だからこそ、パートに出る「小目標」を決めよう

どうしてパートに出たいのか、その理由と目的をはっきりさせて「小目標」をたててみましょう。
 
 
「小目標の一例」
・6ヶ月後の子どもの習い事の準備費用にあてる
・半年後家族旅行にあてる
・自分で●万円まで貯めたら、服やバッグを一つ買う
・1年で●万円貯金をする
・○○の資格を●年後に取りたいので、経験を積んでおく
・●カ月後までに毎朝早起きの習慣をつける
など・・・
 
いつまでに何をするのかを具体的に決めておくと、目標を達成するマインドに変わり、何か不測の事態が起こってもぶれにくくなります。

目標の注意点は、達成できないような大きな目標にしないことです。そうとうの頑張りが必要な目標は、達成するまでに疲弊してしまいがちです。

家事や育児がある中、パートに出ること自体が、大きなチャレンジです。チャレンジした自分自身をほめて、また次の小目標をたてていきましょう。
 
 

1-2、パートに出るなら資格取得は必須?迷ってしまう時の考え方

一番大切なのは、資格がないことに自信をなくさないことです。仕事をする上で必要なことは「意欲的に仕事をすること」その姿勢にあります。

資格を持っていても、取ったからOKではなく、磨き続けないとなりません。法律や仕組みが変わると、講習会に出るなどして、常に磨き続けなければいけないものがほとんどです。それを怠ると即戦力として使えなくなることもあります。包丁があっても、数年前の包丁が切れるかどうかは別問題。使う時には、改めて磨き直さなければいけないのと一緒です。

ただし、現在の求人は、「運転普通免許」の取得、事務職を希望するなら、パソコン操作はできた方が幅は広がります。

企業では、独自のハンディ端末やソフトを導入していることも多く、端末操作などは「応用力」を求められるので、実践を重ねることで習得していくことも大切です。

wordやexcelを習得していても、実務の時には一部しか使わないこともあります。
自信をつけたいと思う資格取得なら、意欲的に仕事をしながら覚えていった方が、時間もかからずに済みます。

「資格こそありませんが、こんな経験を積んでスキルを磨いてきました」
「資格として持ってはいませんが、パソコン操作は、日々常に磨き続けて、表作成などもできるようになりました」など資格がなくてもアピールできるポイントはあります。

また、条件の良い仕事はパートで働いている企業から直接話をもらう事もあります。資格を持っていないことに対して、あまり振り回され過ぎないようにしましょう。
 
 
■それでも資格取得を目指したいなら、これを事前チェック
今後の自分自身がやりたい分野やスキルアップに資格取得をするなら、「求人が豊富にある職種かどうか」は事前に必ずチェックしておきましょう。

その時に、求人に●級以上などの条件が付いているかどうかも確認しておきます。そもそもの求人数が少ないと、せっかく資格取得しても、仕事に就けないこともあり得ます。

自分にあう特技・特性・資格を知りたい方は、このサイトがオススメです。参考にしてみてください。

適正資格はどんなものか、質問形式で診断ができるサイト
主婦資格ナビ https://www.shikaku-en.jp/diagnose
 
 

1-3、がんばりすぎ注意!!パートに出る時の協力体制をチェック

主婦の毎日はめまぐるしく忙しいものです。そのため予定を毎日パンパンにしてしまうと、がんばりすぎて体を壊す危険もあります。

心と体の余裕はとても大切です。必ずスケジュールに「余白」と「協力体制」を作れるかどうか確認しておきましょう。
 
 
■時間調整
「40分の予定は1時間、20分の予定は30分みておく」など、予定は余白を多めにとるようにします。余白には予定を入れないようにして「できない」ことを明確にしましょう。

そのためには、
・食事の手づくりにこだわりすぎない。冷凍食品やお惣菜でもOKにして、
その分、笑顔で食事をとるようにする。
・洗濯は乾燥機を頼る
・食洗器を活用する

キチンとしなければと、追い込み過ぎず、前向きに妥協点を見つけておきます。
 
 
■協力体制
二の手三の手と、不測時の協力を周囲にお願いしておきましょう。

・保育所に「病児保育」があるかどうかを確認しておく
・子どもの予定やお迎えは夫にも協力を求める
・もし家族の協力が難しければ、同年代のママ友と協力し合う
・どうしても難しい時には「家事代行」なども目をつけておく
 
 
■もし、協力を得るのが難しければ、家の中でできる仕事をチェック
もしも、時間の余裕がない、協力体制を作るのも難しいなどの場合は、家の中で仕事をする内職を始めるのも1つの方法です。

・スマホで操作する仕事もある「クラウドワークス」や「ランサーズ」
・ブログを書いてアフィリエイト収入を得る
・趣味や特技を売ることができる「ココナラ」や「ミンネ」
・小遣い稼ぎ程度になってしまいますがアンケートサイトでポイントを稼ぐ

などの方法があります。

詳しくはこちらをチェックしてみてください。
http://yurumypace.com/2018/02/15/housewife-money-how-to-earn-3/
 
 

1-4、パートの働き損を回避!主婦が押さえておきたい税金のポイントは?

2018年1月から税制改革があり、パート主婦の配偶者控除・配偶者特別控除の103万円の壁が150万円となりました。

年収を100万円程度におさめていた主婦に、150万円アップを目指して働いてもらう目的の改正でしたが、「今まで通りの方が安心…」となかなか踏み出せない現状があるようです。

主婦が働き損をしないために将来のライフイベントをみすえて、超える壁か超えないようにするかを判断していくと良いでしょう。
 
 
例1「子どもがまだ小さく、手を離れない時は…」
配偶者控除・配偶者特別控除の103万円~150万円の壁を越えないようにする
 
例2「子どもの手が離れてきた!多少なら仕事にかける時間を増やせそう…」
妻のパート先が大企業の場合は、106万円
小企業の場合は130万円以下にし、社会保険をかける事のないように調整する

妻のパート先が大企業の場合106万円以下にしないと、妻自身で社会保険をかける義務が生じ、支出が発生して手取りが減ってしまいます。

例3「子どもも手が離れてきたし、時間の余裕も出てきた。将来のために貯金や年金を増やそう」
・手取りを150万円以上を目指してみる
 
 
メリットとしては、社会保険を妻自身がかけるようになるので、将来もらえる年金額が増えます。
長期的な目で見た年収アップが可能です。

※例はほんの一例で、夫の会社規模や年収、妻の会社規模によって変わることがあります。

他にも年収の壁以外にも、夫の会社独自の「家族手当」の支給基準なども確認しておきましょう。
具体的には、下記の記事を参照ください。様々な年収の壁について解説しています。
http://yurumypace.com/2018/05/09/housewife-annual-income/
 
 

2.主婦に人気の5つの職種メリットとデメリットなどをご紹介

2-1、オススメ1 事務

 
■主な特徴や仕事内容
・PC入力、資料作成、入力作業など
・備品管理やファイリング、来客のお茶だしや電話応対、掃除が求められることもあります。
・専門知識が必要な場合は、有資格者、経験者が求められます。
・最低知識としては、パソコン操作ができると可。WORDやEXCEL操作ができる人材求めることが多いです。
 
 
■向いている人
・事務経験者
・PC操作が苦にならない方
・コツコツと作業するのが得意な方
 
 
■メリット
・土日休みが多い
・就業時間が家事・育児の時間とマッチしやすい
・座り仕事がほとんどで、あまり体力を消耗しない
 
 
■デメリット
・募集案件として数が少ない
・労働時間が固定化されやすく、少人数の会社はシフト変更の融通が利きにくいことも
 
       

2-2、オススメ2 スーパー・コンビニスタッフ

 
■主な特徴や仕事内容
・商品のレジや品出し、仕入れ品の受け取り、手続きなど。
・レジ業務は、バーコード読み取りや、入力、返品などの操作を覚える必要があります。
・取扱商品の数によっては、幅広い業務をこなす必要があります。
 
 
■向いている人
・人と接するのが好きな方
・様々な種類の仕事に柔軟に対応できる方
・好奇心をもって明るく働ける方
 
 
■メリット
・主婦を採用していることが多く時間融通やシフトの交換が効きやすい
・勤務帰りに買い物を済ませられ、買い物に行く時間を省ける
・募集件数が多い
・マニュアルがしっかりしていることが多く、未経験でも仕事に取り組みやすい
・勤務地が豊富
 
 
■デメリット
・忙しい時間帯は立ちっぱなしになりやすく体力が必要
・時間帯によっては、時給が低めの可能性もある
 
       

2-3、オススメ3 受付業務

 
■主な特徴や仕事内容
・クリニック・フィットネス・オフィス・携帯電話ショップ勤務などがあります。
・電話応対や、お客様のご案内、電話取り次ぎ、手続きなどを行います。
 
 
■向いている人
・肉体労働が不向きな人
・人とのコミュニケーションが好きな方
・笑顔が得意な方
・臨機応変な対応が出来る方
・語学力がある人
・ビジネスマナーを心得ている人
 
 
■メリット
・肉体労働が少ない
・土日休みがとりやすい
・開店時間が子どもを送り出した時間とマッチしやすい
 
          
■デメリット
・対応一つで企業イメージが左右されやすい
・求人が少ない
 
    

2-4、オススメ4 軽作業

 
■主な特徴や仕事内容
・商品などの仕分けや梱包
・商品の不備を確認する検品
・商品の製造過程のラベル貼りなど
・比較的簡単な作業が多く、未経験者も安心して働くことが出来ます。
・お中元やお歳暮の時期など、繁忙期のみ募集することもあります。
 
 
■向いている人
・こつこつと作業することが苦にならない方
・立ち仕事や身体を動かすのが苦にならない方
・手際よく作業できる方
・短期パート、一時的な仕事を求める方
・人と接するのが苦手な方
 
 
■メリット
・軽作業が多いので、仕事を覚えやすい
・時間やシフトの融通が利きやすい
・スポットの短期間で働くことが可能
 
 
■デメリット
・単純作業ばかりでスキルが育ちにくい
・仕事がマンネリになりやすくミスをしがち
・企業の経営が思わしくなくなった時に、切られやすい
・時給が上がりにくい
・立ち仕事が多く肉体労働になる場合がある
 
       

2-5、オススメ5 飲食業

 
■主な特徴や仕事内容
・主に2種類の募集がされていることが多い。
・来店するお客さまの接客が中心のホールスタッフ
・調理・皿洗いが主なキッチンスタッフの2種類
・ファミレスなどの大型店などは、シフトの希望が通りやすい傾向がある。
 
 
■向いている人
・体力がある人
・接客業が好きな人
・料理が好きな人
・臨機応変な対応ができる人
 
 
■メリット
・人が集中する時間帯が決まっていることが多く、時間帯を選んで働きやすい
・マニュアルが充実していることが多く初心者でも仕事を覚えやすい
・まかないが出ると、食事代を浮かせることができる
 
 
■デメリット
・大手ファミレスはメニューが多いので覚えるのが大変
・お皿などを大量に運ぶこともあるため重労働
 
 

3.収入が欲しいパート主婦必見!お金を学んで「主婦の退職金作り」を目指してみる!

収入が欲しくてパートを探しているのなら、仕事をするばかりがお金を得ることではありません。資産運用や投資などをうまく利用して、お金を長期的に増やしていくこともできます。

お金の考え方や価値観に偏りがあると、お金を追いかけて自分を追い込み、働きづめになるなど、人生そのものを楽しむことを忘れがちです。

そこで、資産運用や投資など「お金に働かせて収入を得る」という視点も少しずつ取り入れていきましょう。

ただし、資産運用でも不動産などは大量の資金が必要でリスクが大きく、初心者には不向きです。
オススメなのは、無理のない範囲で行う投資です。

投資と聞くと、怖いイメージがあるかも知れませんが、コツコツと少しずつすればリスクが少なく資産運用ができるものも多くあります。視点を広くもって情報収集してみてください。
 
 
■FX (Foreign Exchange)は、外国為替証拠金取引のことです。
外国の通貨、2国間の通貨を売買し、差額で利益を得る取引方法です。

ギャンブルのように思われるFXですが、勝ち急いだり、自分を見失って巨額を投じたりしなければ、ギャンブル要素をできだけ低く抑えながら、お金を得ることができます。小額から取引ができますし、取引口座の無料ツールを使って、投資の練習ができるのも、投資初心者さんにはうれしい点です。(練習しないでいきなり投資するのは、やめましょうね)

また、自宅で自分の時間を調整しながら取り組むことができるのも、主婦にとっては大きなメリットのひとつでしょう。

こちらでは、FXを通してお金の概念を知る方法を解説しています。
http://yurumypace.com/2017/11/10/fx-money-way-of-life/
 
 

4.まとめ

これからの社会を見ていくと、少子化の影響で働き手がどんどん減る方向に傾いていきます。今現在から働くスキルを身につけておくことで、経験が良い材料となって、職場で重宝される可能性が高くなります。

現実問題として、それまで第一線で働いていた人材が定年退職などを迎えるにあたり、人材難に苦しみ始めている企業は多いので、自分自身の将来を育てていけるよう、楽しみながらステップアップしていきましょう。

参考サイト
https://www.tukishiro01.com/entry/pa-to_osusume
https://weban.jp/contents/guide/report/68.html
https://townwork.net/magazine/knowhow/search/baito_search/43030/

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です